結婚祝いの色々!

花束「自分も社会人になったな!」と感じる瞬間は人それぞれいろいろな場面があると思いますが、友人や仕事上関係がある人の結婚式に出席する場合はそうした場面の一つではないでしょうか。ある程度社会生活も長くなってくるとやたらと結婚式が集中する時期などもあり、そのようなときには結婚祝いにないをプレゼントしたら良いのか迷うこともあると思います。是非とも気の利いたものをあげたいと思う反面、ある程度結婚祝いとして思いつくものも限られてきますし、あまり気をはったものはいらなくなってしまうのがオチかなと思ったりもするものです。しかしそもそも結婚祝いをあげる場合金額的な相場などはどれくらいなのでしょうか?社会人として恥ずかしくない常識を持っておきたいと思うのではありませんか?

結婚祝いの品を決める前に重要なこととして、自分は結婚式に出席するのかという点と、相手との関係がどのようなものか、この二つをしっかりと考慮すべきです。式に出席するということは披露宴などで自分のためにも費用がかかっているということですし、引き出物をもらうことにもなるでしょう。そうしたことを考えると結婚祝いもある程度しっかりしたものを贈らないとという気持ちになってくると思います。これはあくまでも一般的な相場という意味ですが、友人や知人の結婚式に出席する場合3万円くらいの結婚祝いを包むのが相場のようです。ただし20代前半のうちはもう少し少ない金額でも大丈夫かもしれません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket