NGな結婚祝い

逆に結婚祝いの品として適当でないもの、いわゆるNGな結婚祝いとしてはどのようなものがあるでしょうか。ジンクスや縁起などを気にする人もいますが、そうでないとしてもできれば避けたほうが良い結婚祝いもあります。例えば一人用の品物を送るのは避けたほうが良いでしょう。あくまでも二人の結婚祝いですので、両方に喜んでもらえる品を選びましょう。

また消え物と言われる使うと消えてなくなってしまうものは適していないと言われています。例えば食べ物や洗剤、入浴剤や香などは消えてなくなってしまうものに数えられます。いくら素敵でおいしいお菓子だとしても結婚祝いとしては適当ではないということになります。

キッチン用品の中でNGな結婚祝いと言われているのが包丁やナイフなどの刃物類です。一見良い贈り物に思えるのですが、主に縁起が悪いという理由で世間では避けられている結婚祝いです。同じ理由でカミソリやはさみなども適していないと言われています。

また将来的に邪魔になりそうな置物などもインテリアの観点やスペースの観点からしてもNGな贈り物となります。間違いのないプレゼントをしたければ当人たちと話し合って希望を聞いてあげるのが一番かもしれません。

キッチン用品が人気

結婚祝いの品と聞いてすぐに皆さんが思い浮かべるのはキッチン用品ではないでしょうか。やはりいつの時代も結婚祝いの定番として喜ばれるものです。しかし気をつけなければしばらくして処分されてしまうような物をあげる結果になってしまうかもしれません。結婚祝いのギフトとして人気があるキッチン用品としてはやはり有名ブランドのオシャレな品があげられます。特にペアの食器や、新婦が喜びそうなオシャレで便利なキッチン用品などは人気の品です。一旦生活が始まると食器などにそこまでお金を掛けられない場合も多いので、結婚のお祝いとしてちょっと高価な食器などをもらえると新婚夫婦も喜ぶに違いありません。

キッチン用品キッチン用品に関してはかなりファッション性を求める人たちもいますので、心配な場合は本人たちの希望を聞いてからプレゼントするのも良いですし、自分たちで好きなものを決めて購入できるような手配をしてあげることもできます。ギフトブックなども価格帯別で出ていますのでそうしたものを利用するのも良いでしょう。他に少し贅沢な家電製品などを贈るのも良いかもしれません。例えばホームベーカリーやコーヒーメーカーなどを多用することがわかっているならば、そうした品を贈るのも喜ばれるでしょう。

結婚祝いに印鑑

印鑑結婚祝いで現金ではなく、あるいは現金とは別に祝いの品を贈る場合に、ぜひ長く使ってもらえる実用的なものを贈りたいと思うのは当然です。気の利いたアイテムの一つは印鑑です。そもそも夫婦のどちらか片方は名字が変わるのが普通なので、新たな印鑑が必要になることでしょう。日本では男性側の姓を名乗ることが多いですが、新郎に印鑑をプレゼントするのもおかしなことではありません。家庭を持ってきちんとした印鑑を使う機会も増えるでしょうし、この機会にちょっと高価な印鑑を実印にするのも良いものです。

結婚祝いということですので、当然あまり安物の印鑑をプレゼントしようとは思わないでしょう。字体などもいろいろありますので、サプライズを狙っていないのであれば、新郎新婦の希望を聞いてから印鑑の作成をしても良いかもしれません。コストパフォーマンスを重視するのであればインターネット通販で印鑑を注文したほうが安い価格で質の良いものを手に入れることができるかもしれませんが、現物をしっかり確認してから購入したいのであれば店舗に趣いて購入するのがベストでしょう。漢字は微妙な違いや、旧式の書き方などいろいろありますので、できればきっちりと正しい漢字を確認してから作成するほうが良いでしょう。

結婚祝いの色々!

花束「自分も社会人になったな!」と感じる瞬間は人それぞれいろいろな場面があると思いますが、友人や仕事上関係がある人の結婚式に出席する場合はそうした場面の一つではないでしょうか。ある程度社会生活も長くなってくるとやたらと結婚式が集中する時期などもあり、そのようなときには結婚祝いにないをプレゼントしたら良いのか迷うこともあると思います。是非とも気の利いたものをあげたいと思う反面、ある程度結婚祝いとして思いつくものも限られてきますし、あまり気をはったものはいらなくなってしまうのがオチかなと思ったりもするものです。しかしそもそも結婚祝いをあげる場合金額的な相場などはどれくらいなのでしょうか?社会人として恥ずかしくない常識を持っておきたいと思うのではありませんか?

結婚祝いの品を決める前に重要なこととして、自分は結婚式に出席するのかという点と、相手との関係がどのようなものか、この二つをしっかりと考慮すべきです。式に出席するということは披露宴などで自分のためにも費用がかかっているということですし、引き出物をもらうことにもなるでしょう。そうしたことを考えると結婚祝いもある程度しっかりしたものを贈らないとという気持ちになってくると思います。これはあくまでも一般的な相場という意味ですが、友人や知人の結婚式に出席する場合3万円くらいの結婚祝いを包むのが相場のようです。ただし20代前半のうちはもう少し少ない金額でも大丈夫かもしれません。